忍者ブログ
植物と猫と日々のこと
............................................................................................................................................................
08 / 22 Tue 21:50 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04 / 22 Tue 23:02 #Rien-Lien ×

レンゲソウ(蓮華草)

学名
Astragalus sinicus

英名Chinese Milk Vetch

和名・別名: ゲンゲソウ、ゲンゲ(

原産地: 中国 (帰化植物)

科属名: マメ科 ゲンゲ属

分類: 耐寒性 2年草

開花期: 4月~6月
       花――葉脇から花茎を伸ばし、蝶型の花を7~10個輪生します。
       花径―約1・5㎝ 花後に種の入ったさやをつけます。
       葉――4~5対の楕円形の小葉からなる一回羽状複葉です。
       茎――根元で分枝し、地を這うように広がります。
       草丈―10~30㎝ 
       枝の長さ(草幅)60~150㎝
       

繁殖: 種子、地下茎

その他: ・ 名前は花の咲き方がハス(蓮)に似ているからだそうです。

       ・ 湿害に弱く、不耕起では連作障害が起きかねないそうです。

       ・ 根に根粒菌(なんだそれ?)がつき、空気中の窒素を固定できるので
         田畑の緑肥として利用され、休耕田の雑草の防止にもなってました。
         
       ・ 水田の水を抜いた後に種を蒔き、翌春のゲンゲ畑は
         化学肥料が利用される前 昭和末頃まで春の風物詩だったそうです。
         
       ・ 乳牛の飼料にも利用されていました。

       ・ ミツバチの密源植物とされています。

       ・ 中国から渡来して、田畑の緑肥として使用され
         今では各地で野生化してあちこちで見られます。

       ・ 花言葉は「私の苦しみをやわらげる」。

       ・ ギリシア神話では祭壇にささげる花を摘みに野に出た姉妹の話が
         有名だそうです。 

参考書籍   → 山野草 、野山で見つける草花ガイド 

参考サイト → 
Wikipediaゲンゲ 


この記事は日記とリンクしてます。 → 「ミツバチのうちはどこ。」





713684c4.JPG17b05ef7.JPG













545fb6dc.JPGb51022e3.JPG


















以上、ブログで植物の整理や管理ができるかな、と主に自分用に書いています。

知りたい時、本を出して、その植物の項目を探して、の繰り返し

その一連の作業が面倒で、あくまでも自分用にまとめています。(基準・関東郊外)


いろいろな本やサイトを参考にさせて頂いています。

当てにならない自分の記憶も多少混ざってます。

ココんとこ間違ってるよ、と気がついた点は教えて頂けると幸いです( ..)φメモメモ

もっと詳しいことが分かったら、その都度 追記しようと思っています。



一言でもコメントを頂けると、嬉しいです(*^-^*)

 ↓ ブログランキング、ブログ村 に参加中です。それぞれワンクリックが一票です。
banner_01.gif  にほんブログ村 花ブログへ

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願い致します。 


















PR
............................................................................................................................................................
 
"Rien-Lien" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.